女の人

二重整形にかかる費用|自信をもたらす変身をすること

気になる痛み

看護師

重たい一重を改善する為の方法として、最も有効的なものは美容外科の二重整形です。メスや特殊な糸を用いることで理想通りの二重に仕上げられるのですが、その際に気になるのは術中や術後の痛みです。痛みに弱いという人にとって、体に生じる負担がどれほどのものかとあらかじめ知るだけでも、緊張を和らげられることでしょう。基本的に、切開法も埋没法も術中には麻酔が用いられるので、リアルタイムで痛みを感じることは一切ありません。二重整形の施術自体も長時間かかるものではない為、あっという間に終わったという印象を受けるでしょう。
しかし、その後にはどちらの二重整形でもダウンタイムが生じてきます。直接まぶたにメスを用いる切開法は、埋没法と比較してダウンタイムの期間は長いと言われています。また、術後はほぼ100%目に腫れや赤みが現れてくるので、すぐ人の目に触れたくないということなら施術から数日間はスケジュールの都合をつけておきましょう。

気になる痛みは、術後のダウンタイムの他に術前麻酔があります。麻酔は、術中の痛みを一切生じさせない為のものとなりますが、その麻酔注射そのものが刺す瞬間に痛みをもたらすでしょう。麻酔が効くまでそう時間を要さない為、すぐ気にならなくなりますが、二重整形をする前の麻酔注射はまぶたの裏に刺すので緊張感が増します。麻酔注射による痛みを和らげる為に、最近では目元専用のクリームを塗布してから行なうようにしているのでその有無も確かめておくといいでしょう。

二重整形に限らず、美容外科で受ける施術にはダウンタイムが付きものになります。ダウンタイムの過ごし方やどのような変化が現れるのか、事前に担当医から直接確認しておきましょう。特に、メスを用いる切開法の場合だと、明らかな目の腫れや赤みが生じるので周りの人からその違いに気づかれやすいことでしょう。術後数週間では赤みや腫れは落ち着いてきますが、自然な仕上がりになるまでには1~2ヶ月はかかると言われています。
初めの内は腫れによっていつでも眠たそうな印象をもたらしますが、ダウンタイムが経過することによって自分にとって結果が目に見えてきます。

施術を受ける費用に一切健康保険が適用されない美容外科では、病院によって金額に差が出てきます。自由診療となるので差額が生じることは珍しいことではありませんが、誰にでも自分が備えられる予算というものがあります。需要高い美容外科は全国各地にあるので、自分が通える範囲内にて費用を比較してみましょう。
ほとんどの美容外科がカウンセリングを無料で行なっているので、実質支払う費用に含まれているのは施術にかかる分のみです。どれほどの費用でどれほどの効果を得られるのかを口コミでチェックすることも参考材料になるものです。